名古屋でレーシック予定ですが心配が・・・

<質問>
名古屋でレーシックする予定なんですが、角膜フラップを作った後はかぶせるだけなんですよね?それってズレる可能性がありませんか?

 

 

<回答>
人の肌などは切り傷ができても時間の経過と共に傷口がぴったりとふさがりますが、一方でレーシック手術では角膜をスライスして形成したフラップは完全に固着することはできません。

 

角膜は透明ですので医療用の接着剤などを用いるわけにも行かなく、またそもそも皮膚のような再生機能はありませんので、一度生じた傷口は時間をかけることで癒着は進むものの完全に固着することは無いのです。

 

となればレーシック後に目に力を加えるとフラップがずれてしまうという危険性があるもので、実際にシワが生じたりずれてしまうという症例はいくつも報告されています。

 

ただこうした例を丹念に見てみると、術後の1ヶ月間はスポーツや強く目をこするなどの目に力が加わる行為が禁止されているにも関わらず行ってしまったという例が多く見受けられます。

 

こうした禁止事項はあらかじめ手術前に説明を受けるところなので、目に力が加わる行動をとらない限りはレーシック後にフラップがずれる危険性はそうは大きくないといえます。

 

またそれ以外でも予期せぬ理由でずれる危険性というのも少なからず存在します。

 

上記でもご紹介したレーシック後1ヶ月という制限を越えて以降は普段どおりの日常生活を送ることができるようになるのですが、例えば交通事故などのように数百キロから数トン単位の大きな衝撃が加わると、術後の時間が経過したにも関わらずずれてしまうこともあります。

 

ただしフラップに問題が生じてもそれを治すための治療がありますので、この点に関するリスクは特に心配する必要も無いといえます。