レーシック手術のメリット

レーシックの手術を受けることによって視力の矯正ができますが、それ以外にも、レーシック手術を受けることで、いくつかのメリットがあるようです。

 

まず、視力が回復するということは、これまで使用していた眼鏡やコンタクトレンズの手入れのわずらわしさや、それらによる眼の疲れ、そして眼鏡やコンタクトレンズの買い替えの必要がなくなりますね。

 

コンタクトレンズの手入れは、結構面倒なもので、正しい手入れをしておかなければ角膜を傷つけてしまう可能性もあるのです。さらに、眼鏡やコンタクトレンズは、一度購入したらそのまま使い続けられるというものではありませんから、その時の視力にあわせて買い換えなければいけないこともあります。

 

ということは、眼鏡やコンタクトレンズを買い換える費用も発生することになります。そこでレーシックの手術を受けた時の手術代と比較してみると、レーシックの手術を受ける費用はそれほど高いとも言えないのではないでしょうか。

裸眼生活ができる

コンタクトレンズを使用していると、酸素不足によって眼球の角膜内皮細胞が減少していきます。そして、この角膜内皮細胞とは再生能力がないので、一度減ってしまうと二度と増えるこがない細胞です。

 

ということは、レンズを長年使用していると、この細胞がかなり減少してしまうという可能性もあり、そのような場合には角膜を移植する必要があるのです。さらにコンタクトレンズの使用は、感染症やアレルギーの原因の可能性もあります。

 

このような可能性を考えると、レーシックの手術を受けることで視力を回復することで、裸眼での生活ができるようになれば、多くのメリットがあるのではないでしょうか。