フェイキックIOL

フェイキックIOLは、別名、眼内永久コンタクトレンズといわれ、目の中にレンズを埋め込んで(近視の)視力矯正をする手術のことをいいます。

 

目を見てみるとき、黒目、その周りの茶色(人により色は異なります)の部分、白目というように見えます。ここで黒目の周りの部分を光彩といいますが、この光彩は角膜と水晶体の間にあって黒目(瞳孔)の大きさを調節する役目があります。

 

フェイキックIOLでは、レンズをこの光彩と角膜の間に挿入するやり方と光彩と水晶体の間に挿入するやり方の二通りがあります。

 

前者のレンズを前房型レンズ、後者を後房型レンズといいます。
前房型レンズには折りたたみ可能なものとそうでないものがあり、挿入する時に(角膜を)切る部分の大きさが違います。

 

後房型レンズでは、挿入時に切る部分は3ミリ程度といわれています。

フェイキックIOLの特徴

この手術は、特に近視の度の強い人、角膜が薄いためレーシックの手術が受けられない人などにすすめられるようです。
実際の手術では、角膜のわきの方を切り、そこからレンズを挿入します。特に、後房型レンズを挿入するやり方は近年行われるようになった手術方法で、切る部分が小さいので回復も早く、同日に両眼の手術が可能だそうです。

 

さらに、どちらのレンズでも取り外しは可能だということですから安心といえば安心です。
また、前房型レンズを挿入した場合は、外から見るとレンズが見えるようですが、後房型レンズの場合は見えないということです。

 

この手術で注意する点は、技術的なものを除くと次の二点になります。まず、レーシックと比べて、この手術を行えるクリニックが少ないことがひとつ。
そして、手術の代金(レンズ代も含む)が高いことが二つ目です。