Zレーシック

レーシックの施術というのは基本的に角膜を削り屈折度を変えることによって視力を向上させるというものになります。

 

ここで使われているのはレーザーになります。
Zレーシックというのは、従来のレーシックで使われていたレーザーに比べると光を分散させることができますので、施術を行う際に角膜に対しての負担が少なくなっています。

 

またZレーシックというのは、従来のレーシックに比べるとレーザーを照射する部分を的確に捉えることができるようになっていますし、角膜をどのくらい削れば良いのかという事もしっかりとコンピュータで管理することができます。

 

何よりも角膜への負担が少ないということで、後遺症などのリスクが減りますし、とても安全性が高いといえます。
従来のレーシックの方法でも十分な安全性が確認されているものは沢山ありますが、そういったものよりも更に安全性が高いのがZレーシックになります。

 

費用に関してもZレーシックの方がリーズナブルになっているので、最近ではZレーシックを受けるという人が増えています。

 

クリニックによってZレーシックを行う際に使用しているメーカーが違っていると思いますので、詳しく施術の方法を聞いてみると良いです。

 

ただ現在、Zレーシックというのはまだそこまで普及していない状態ですから、手術を受けることができるクリニックが少ないというのがデメリットになります。

 

目に対しての負担を考えるとZレーシックというのはとてもおすすめなレーシックの施術方法です。